2015年04月18日

名残 (山崎)

多く人を楽しませてくれた桜も八重桜を残し散り終えました。
桜のあと目につく花と言えばツツジとこの花水木。
IMG_0036.jpg
内堀沿いで白や赤、ひとつひとつは奇麗のですが何となく迫力に欠けます。
やっぱり枝の伐りすぎ?

そしてもうひとつ楽しみにしているのが藤の花。
垂れ下がった花房が何とも言えないのが特徴なのですが、
大阪城公園の藤はこんな感じ。
IMG_0029.jpg
毎年枝を伐られ迫力も何もあったのもではありません。
しかも生物季節観測標本木、それってそんなに頻繁に伐って良いの?

今年度から民間委託された公園管理、以前よりは良くなって欲しいと思うのですが、
こんなところに名残があるとは・・・
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120801675

この記事へのトラックバック