2015年06月28日

応援 (山崎)

頑張ってます、なでしこジャパン。
ワールドカップ、予選リーグから負けなしでベスト4進出!
休養不足で不利と言われながら1−0で辛勝。
あと2つ、負けずに頑張って欲しいものです。みんなで応援しましょう!

で、大阪城公園でも頑張っています。
小さな小さなハナアブが、小さな命を繋ぐために頑張っています。
IMG_1543.jpg
こんな光景を見ると、頑張ってたくさんの子供を育てるんだぞ!と
心の中で応援してしまいます。
って、子育てはしないですよね、ナハアブって・・・
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月21日

厳しいですよね (山崎)

昨日の観察で花を撮影中足下に
IMG_1363.jpg
子供を抱いた?蜘蛛が。
本当に色んな生き物がここで産まれるんだな〜と。
その反面、こんなものも。
IMG_1347.jpg
ヤマトシジミの翅。
生まれる命があれば去る命も。
自然って本当に厳しいもんだなぁ、と改めて思いました。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月16日

今回は何?

春の渡りも終わり静かになりました、大阪城公園。
今春、大阪城公園に立ち寄った野鳥たちは今頃山野で大わらわ、と言ったところでしょうか。
山野と言えば、今蝶屋ではゼフィルスで賑わっているでしょう。
初夏に誕生し産卵。繁殖を終え生涯を全うする。産卵された卵は来春まで孵化することはない。
年に一度っきり、たった数週間でこの世を去るゼフィルス、その輝きに魅了されるのでしょう。

大阪城公園の蝶は、モンシロチョウのピークを過ぎお次はアオスジアゲハのピークを待つばかり。
IMG_1008.jpg
おっ、ところでこの写真、私にしてはハッキリクッキリ。

野鳥、蝶はもちろんのこと、スポーツやワインまで幅広く興味を持たれてる
松本ご夫妻の「鳥バカ夫婦の二人言」が更新されました。
今回はどの話で攻めてくるのでしょうか?
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月06日

不思議 (山崎)

どうしたことなんでしょうか。
ホトトギスには出会えラッキーだったものの
蝶の姿はこの時期としては無に等しい。
ならばトンボはと、意識をしながら歩いたのですが、
先週、一気に羽化したと思われるコシアキトンボとは出会わず、
と言うより全く出会わず。
6月に入ってなぜ昆虫の姿が減少するのでしょうか?不思議でたまりません。

本来なら、次々に新たな命が誕生する時期だというのに???
IMG_1068.jpg
ところで、今日東外堀で撮影した羽化して間もないこのトンボ、調べたのですが全く識別出来ません。
トンボに詳しい方、またはひょっとしてあのトンボではと思われた方、
参考意見でも何でも結構ですのでコメントをお待ちしております。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記