2015年03月29日

結局 (山崎)

早朝からぱらぱら小雨、12時現在はしとしと。
雨が上がれば散歩がてらと思案。

晴天の昨日は本当に気持ちの良い一日でした。
先週は箕面でオオルリ、南港でクロツグミとの話し。
ひょっとして・・・と思っていたのですが、
昨日の時点で大阪城公園はツバメ以外夏鳥の観察出来ませんでした。

蝶の方は、気温も上がり成虫越冬種のテングチョウやキチョウ、
新生のモンシロチョウと時期相応の観察。
他にタテハ科の成虫越冬種が日向ぼっこでもと、地面を睨みながら歩いていると
愛の森でスミレの花。
IMG_9627.jpg
植物に疎いながらもあれこれ調べているのですが・・・
アオイスミレ?ヒメスミレ?他にも似たようなスミレが???
これって何スミレ? 結局分からぬまま“スミレ”のカテゴリー入りか。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月22日

魅了

今、大阪城公園ではレンジャクが人気者。
ヒレンジャクの中にキレンジャクはと期待しながらの探鳥、
今日は青屋門から北外堀にかけてキレンジャクが観察されました。
夏鳥が飛来するまで楽しませてくれれば、と思うのですが・・・

レンジャクとの出会いと共に楽しみにしていたのが愛の森のハナニラ。
そろそろだなと思い足を運べば数輪開花。
IMG_9550.jpg
花らしい花と言いますか、色合い良し、形良し、ただただ魅了。

ところで人気者と言えば、おとなり飛騨の森のオジロビタキ。
愛くるしいその姿に魅了されますが、その裏では学術的疑問が!

読み物コーナー「巻頭言」が更新されました。
新たなる疑問。 それもまた魅了される要因のひとつかも。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月16日

小さな春 (山崎)

楽しみにしていた日曜日、生憎曇天でしたが行く先々で春のを感じられました。
梅に続いて桃の花も開花、土筆が顔を覗かせ横にはこんな小さなキュウリグサ。
IMG_9358.jpg
根拠もなく何か良い事ありそうな・・・

春って良いですよね〜。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月08日

なんとか (山崎)

昨日は一日雨。
目まぐるしく変わる気候のあとには春が待っています。

雨上がりの日曜日とあって人出の多い梅林、
満開には程遠いのですが、家族連れやアベック、人を引き寄せる花の魅力って凄いですよね。

そんな中、私が引き寄せられたのは「華農玉蝶」
昨年は開花時期を逃し楽しめませんでしたが、今年は・・・
IMG_9292.jpg
中の花の開花を見てみたいのですが、来週かな。
花期が短いと言われるこの品種、なんとか来週まで頑張って欲しいものです。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月03日

里帰り

目まぐるしく変わる天気、ひと雨毎に春の訪れを感じます。
昨日(日曜日)実家裏の田んぼでは「ケケケケケケ」と、けたたましいケリの声、
雨にも拘わらずヒバリが「ピーチクパーチク」
今年も里帰りの季節がやってきました。

片や寒い冬を楽しませてくれた冬鳥は北の空?を見つめ・・・
IMG_2212.jpg

読み物コーナー「鳥バカ夫婦の二人言」が更新されました。
男気のあるあの人が里帰り、間違いなく女子ファンが増えるでしょうが、
圭さんには女子ファンが増える? それとも女子フアン(不安)が増える???
失礼しました!


posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記