2014年06月29日

小さな命 (山崎)

スズメやシジュウカラの2番子をはじめチョウやトンボ、他の昆虫たち、
小さな命が溢れかえっています。

各所で目立ち始めたヤブジラミでは、小さなハナアブが懸命に級蜜、
IMG_5314.jpg
そこへ、ドスの利いた真っ黒なハナアブ?が現れ「そこのけ!」と場所を占領。
IMG_5316.jpg
こんな小さな生き物も必死出来てるんですよねぇ。

にも関わらず・・・
帰宅途中、谷町3丁目交差点の真ん中で子猫が全身の毛を逆立て固まったまま身動き取れず。
これはいかん、自転車を飛び降り捕まえようとするも恐怖におののき威嚇するだけ。
引っ掻かれるのを覚悟で強引に捕まえやっとの事で交差点外へ。

子供の頃、長年猫を飼っていたのである程度の痛みは分かっていたのですが、子猫ながら牙の鋭さは一級品。走りながら何度「痛い〜」と叫んだ事か。

どう見ても独り立ち出来るようにない子猫、飼い猫が飛び出したのか、捨て猫か。
後者ならとんでもない事、前者であっても、しっかり管理するのが義務。

気になるので数時間後交差点に様子を見に行ったが姿は無し。
懸命に生きる小さな命、人災にだけは遭わずに育って欲しいものです。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月22日

藤棚

雨の大阪城公園、木の葉を打ちつける雨音だけが耳に届く。
ざわめく雨音の中から微かに聞こえる涼しげな音。
IMG_5192.jpg
風情のあるこういう飾り付けなら大歓迎。城南地区東側の藤棚に吊された風鈴。
梅雨が明ければ蝉の大合唱が始まる。耳を澄まし風鈴の音で涼をとりたいものです。

さて、読み物コーナー「れいこの落書き」が更新されました。
城南地区教育塔横にあるもうひとつの藤棚、
ビギナー時代の伊藤さん、そこで何を見、何を思ったのでしょうか?
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月20日

希望 (山崎)

残念。サッカーW杯、日本ゴール奪えず。

前回コートジボワールに逆転負けを喫した日本、今日こそはと思ったのですが・・・
前半38分、相手選手が2枚目のイエローカードで退場、
数的優位に立ったはずが、ギリシャの堅い守りに阻まれ得点出来ず痛恨のドロー。

勝ち点1でC組3位の日本。
次戦は25日早朝5時(日本時間)C組首位のコロンビアと対戦。
コートジボアールvsギリシャ戦で引き分けかギリシャが勝ち、得失点差次第では2位通過も。
望みがないわけではない、絶対条件は勝利のみ!
希望を持って応援しましょう!

ところで昨日の元山さんブログ、やっぱりヒドリガモが見当たらないと。
日曜日、僅かな希望を胸に・・・

IMG_4936.jpg
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月15日

表現出来ません (山崎)

大坂城公園で時折見掛ける「この樹木の名前は」の立て札。
植物に興味を持ち始めた頃、結構楽しんでたのですが・・・

「この樹木の名前は」・・・
IMG_5148.jpg
皆さん、この状態で分かりますか?問題の樹木を伐採。

野鳥も少なくなり、蝶の観察種も徐々に減りつつあるこの時期、
6〜7月に花期を迎え、楽しみにしていた元博物館裏の大きなネムノキ。
ちゃんと書いてあるでしょ!
老木で危険なのかどうかは分かりませんが、それならそれなりの対処があるはず!

以前は人工川で開花前にシモツケが伐られ、今日は開花前のネムノキが。
あ〜、もう〜、い〜〜〜〜〜。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月08日

夏告花 (山崎)

6月4日、梅雨に入った大阪ですが今日はカンカン照り、
真夏を思わせるような強い陽射しでした。

そんな中、夏を告げる花が次々開花。
花、植物に興味をお持ちの方はマイ夏の花があると思うのですが・・・

この花も夏を告げる花のひとつでは、クチナシ。
IMG_4740.jpg
教育塔裏の小道で一輪だけが元気に咲いていました。
そう言えば梅雨時に咲く、夏を告げる花って白い花が目立ちますよね。

タイサンボクに蓮の花。鬱陶しい梅雨を爽やかにしてくれます。
たくさん紹介したいと思います。
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月01日

どうして 

楽しみにしていた人工川の白花のシモツケ、
IMG_4636.jpg
咲いていたのはよいのですが・・・
人の入れる場所はガッツリ。

ピンクのシモツケ最盛期! と思いきや・・・
IMG_4638.jpg
腰の高さでガッツリ剪定、ではなく伐採?
最盛期を迎える前にそんな作業するか?

桜が満開を迎える前に枝は伐らんやろっ! 
どうしてこんな管理するのかなぁ?
今後、民間に管理を委託するという話だが、どんな管理をするのか、今から心配。

さて、読み物コーナー「難波の城でディスカバリー?」が更新されました。
暑い夏を迎えましたが、(まだ梅雨も来てませんが)
今年はどうして過ごしましょうか?
posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記