2014年01月30日

“タマちゃん” (山崎)

明日は立春、間もなく春です。っというにはまだ早いですよね。
来週には立春寒波が到来するとか。

今季、山野の鳥が少なく淋しい状況が続いていますが、
良く観ていると行動に変化が感じられ季節の移ろいを感じます。

ツグミ、シロハラは地上で観察出来るようになり、エナガのあの行動が。
IMG_0275.jpg
桜の蕾の付け根を啄むあの行動。
何をしているのかというと・・・
「探鳥は楽し、探蝶も楽し」の第7話で村上さんが解明!
そう、“タマちゃん”ことタマカタカイガラムシを啄んでいるのです!

小さな小さな“タマちゃん”、まだ肉眼では見えませんが徐々に成長し
肉眼でも確認出来るようになるでしょう。

野鳥の命を支えている小さな命、皆さんもぜひ観察してみては?

posted by 大阪城公園と鳥と仲間たち at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記